八女煎茶の特徴と淹れ方

 

八女煎茶の特徴

 

深蒸しに近い仕上げのため、茶葉は平たい形状をしています。

抽出後は濃緑色で深蒸し茶に近い濁りがあります。

一番茶はまろやか、二番茶はすっきりした味わいです。

どちらも三煎目まで色も味も濃く、しっかりしています。
 

淹れ方


小さめのお湯のみをご用意ください。

 

一煎目

1. 茶葉10gを急須に入れ、ぬるめのお湯(※)を少量注ぎます。茶葉がヒタヒタになるくらいで結構です。

2. 約1分30秒抽出します。

3. お湯のみに静かにゆっくりと最後の一滴まで注いでください。湯のみに対し右回りに少しづつ均等に注ぎ最後の一滴まで廻して注ぎます。


二煎目

一煎目よりやや熱めのお湯(※)をたっぷり注いで抽出時間をおかずにお湯のみに注いでください。

 
三・四煎目

熱湯を直接注いでください。ポットのお湯を直接注いでいただいて結構です。ご使用済みの茶葉は水気を切り、冷ました後酢醤油などでお召し上がりいただけます。


※温度は茶葉によって異なります。下記の各茶葉の欄をご参照ください。

秋津島  佳寿恵
朝霧   秘蔵っ子
五月   緑風

一煎目のお湯の温度:70℃

二煎目のお湯の温度:80℃
芳樹   松の花
若竹

一煎目のお湯の温度:80℃

二煎目のお湯の温度:90℃

一煎目のお湯の温度:90℃

二煎目のお湯の温度:90℃
 

茶やの八女煎茶

 

袋詰茶お買い物ページはこちら

缶詰茶お買い物ページはこちら

 

秋津島(あきつしま) 佳寿恵(かずえ)
 
 高級煎茶

 缶詰茶

 露地栽培で育てた茶葉を4月20日ごろに摘み取り製造加工した最高級の煎茶です
 
 特撰極上煎茶
 缶詰茶
 露地栽培で育てた茶葉を4月24日ごろに摘み取り製造加工した高級煎茶です。
   
朝霧(あさぎり) 秘蔵っ子(ひぞうっこ)
 
 極上煎茶
 袋詰茶・缶詰茶
 露地栽培で育てた茶葉を4月下旬頃に摘み取り製造加工した高級煎茶です。
 
 特選特上煎茶
 袋詰茶・缶詰茶
 露地栽培で育てた茶葉を5月2日前後に
摘み取り、荒茶の工程を経て冷蔵保存し、秋に仕上げた上級煎茶です。
   
五月(さつき) 
緑風(みどりかぜ)
 
 袋詰茶・缶詰茶
 露地栽培で育てた茶葉を5月2日前後に摘み取り、製造加工した上級煎茶。
 
 袋詰茶
 露地栽培で育てた茶葉を5月5日前後に摘み取り、製造加工した上級煎茶です。
   
芳樹(ほうじゅ) 松の花(まつのはな)
 
 上煎茶
 袋詰茶
 露地栽培で育てた茶葉を5月中旬ごろに摘み取り、製造加工した上級煎茶です。
 
 煎茶
 袋詰茶
 露地栽培で育てた二番茶です。
二番茶とは、一番茶を摘んで30日前後に出た二番芽のことをいいます。二番芽を早めの6月15日ごろ摘み取り、製造加工した中級煎茶です。
   
若竹(わかたけ)
 
  
 袋詰茶
 露地栽培で育てた二番茶です。
二番茶とは、一番茶を摘んで30日前後に出た二番芽のことをいいます。二番芽を早めの6月15日ごろ摘み取り、製造加工した中級煎茶です。
 
 袋詰茶
 露地栽培で育てた二番茶です。
二番茶とは、一番茶を摘んで30日前後に出た二番芽のことをいいます。二番芽を早めの6月15日ごろ摘み取り、製造加工した中級煎茶です。